AX

借金 返済 相談

債務整理どうする?ギャンブル依存症フリーター借金相談窓口

借金返済で困った時は借金相談の窓口へ行ってみよう

読了までの目安時間:約 4分
借金 返済 相談

銀行や消費者金融からの借金があって、

しかもなかなか返済できない時には、

まずお金を借りた所に相談してみましょう。
 
 


スポンサードリンク

 
返済額や返済方法を変えてみることで、

うまく行くこともあります。
 
 
しかし、

それでも返済ができない時には、

借金相談の窓口に行って、

しかるべき処置を取るようにしましょう。
 
 
この借金相談は、

色々な所で受け付けています。
 
 
例えば、

役所や消費者センターなどの法律相談でもできますし、

弁護士会の無料相談などでも、

話を聞いて貰うことができます。
 
 
それから、

法テラスの無料相談を利用することもできます。
 
 
法テラスの場合は、

債務整理が必要な場合は、

弁護士や司法書士を紹介してくれますし、

所得が一定の水準を満たさない時は、

費用を立て替えても貰えます。
 
 
この立て替え制度を民事法律扶助と言います。
 
 
ただし一時的な負担ですので、

後から返済することになります。
 
 

弁護士や司法書士に借金相談することもできます

 
 
もちろん、

弁護士や司法書士に知人がいる場合は、

初めから事務所に借金相談に行く方法もあります。
 
弁護士 司法書士 借金相談
 
この場合は、

必ず事前に予約を入れて、

時間に遅れないようにしましょう。
 
 
また弁護士の場合は、

30分につき5400円の相談料が掛かります。
 
 
借金がなかなか返済できないと、

気分も沈みがちになりますね。
 
 
また、

返済が遅れると取り立ても来るようになり、

それでも返済できないと、

督促状が送付されるようになります。
 
 
督促状を無視していると、

お金を借りた金融機関に訴訟を起こされ、

全額一括返済となることもありますので、

そうならないように、

早めに手を打っておくようにしましょう。
 
 
返済できない時には、

債務整理を行うことになりますが、

これもいくつか種類があるので、

生活スタイルや収入に合った方法を選びましょう。
 
 

自分で申し立てをする特定調停とは?

 
 
通常は弁護士や司法書士に依頼して、

手続きして貰うことになります。
 
自分 申し立て 特定調停
 
しかし、

特定調停の場合のみ、

自分で裁判所に申し立てを行って、

調停委員会を通じて返済額を決めます。
 
 
経費が掛からないという点がメリットですが、

弁護士や司法書士を通さないため、

受任通知が金融機関に発送されません。
 
 
この受任通知が金融機関に届いた時点で、

督促が止まるのですが、

それがないために調停中であっても取り立てが来ます。
 
 
特定調停をしたいという時は、

その点に注意しておきましょう。
 
 
また債務整理をすると、

その後ブラックが5年間信用情報に登録されます。
 
 
そうなると、

新しくローンを組んだり、

カードを利用したりすることができません。
 
 
そういった点にも、

気をつけておくようにしましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :  

借金返済 債務整理

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク