AX

債務整理 自己破産 基準

債務整理どうする?ギャンブル依存症フリーター借金相談窓口

【債務整理】自己破産に踏み切るための基準とは?

読了までの目安時間:約 5分
債務整理 自己破産 基準

借金の返済ができなくなり、

困った時には債務整理という手段があります。
 
 


スポンサードリンク

 
その中で特に良く知られているのが自己破産です。
 
 
一度は耳した事がある人が多いでしょう。
 
 
ここでは、

そんな自己破産について解説していきたいと思います。
 
 
自己破産する利点は、

まずは債務の全てにおいて、

返済する義務が一切なくなる事です。
 
 
免責が決まると借金は免除される事になりますので、

給料を差し押さえられたリ、

取り立てが来たりする事は無くなります。
 
 
この特徴は債務整理の中でも、

自己破産の最大の利点という事ができます。
 
 
借金問題で苦しんで、

全て失くしたい時には有利になる方法です。
 
 
中には追い詰められて自ら首をくくる人もいるので、

自己破産の制度は、

それを食い止める手段にもなっています。
 
 

財産を保有しているなら自己破産はやめた方が良い?

 
 
そして、

自己破産するかどうか、

何を基準に決めるのでしょうか。
 
財産 保有 自己破産
 
まず、

自己破産はしない方が良い人の特徴を挙げます。
 
 
自己破産は借金の返済義務こそなくなりますが、

高額な財産を奪われます
 
 
今、
高額の財産を保有していない人なら、

それほど痛手になる事はありませんね。
 
 
しかし、

家を持っている、

あるいは車を持っている人などは、

住む所は無くなる可能性がありますし、

車も取られる事も考えられます。
 
 
それではどうしても困るという人は、

自己破産は向いていません。
 
 
そのような場合は、

債務整理の中でも個人再生などの方法が適しています。
 
 
このやり方なら高額な財産を残せます。
借金の返済義務を失くす事はできませんが、

大きく借金の額を減少させる事ができます。
 
 

財産が無く返済できない人は自己破産?

 
 
では、

自己破産した方が良い人とは、

いったいどのような人でしょうか。
 
財産 返済 自己破産
 
 
 
まずは財産が殆ど無い人です。
 
 
自己破産では財産が没収される事は伝えましたが、

没収されるような財産すら無いのなら、

問題になりません。
 
 
他にも返済の目処がどうしても立たない人です。
 
 
これからも返済していける能力が無いので、

他の債務整理の方法を選択しても、

債権者や裁判所が認めてくれない事もあります。
 
 
このような人は返済できるか分からないので、

返済期間の延長を依頼しても断られるでしょう。
 
 
その時には、

自己破産をするのが現実的でしょう。
 
 

専門家に依頼する債務整理の費用とは?

 
 
次に、

専門家に債務整理を依頼する費用についてです。
 
専門家 債務整理 費用
 
自己破産をするにあたっては、

自分でするのはなかなか大変です。
 
 
この場合は、

弁護士などの専門家にお願いする方が良いですね。
 
 
しかし、

自己破産するような人がお金がある訳もありません。
 
 
専門家に依頼するにも、

その費用の捻出すら難しいのです。
 
 
その時には、

弁護士費用を立て替えてくれる法テラスや、

分割払いに応じてくれる弁護士事務所もあるので、

そのような所を検討すると良いでしょう。
 
 
債務整理の中でも自己破産は、

借金が全部なくなる意味では大きな利点がありますが、

欠点も多いので良く考慮して決断しましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :   

自己破産

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク