AX

自己破産 借金地獄 抜け出す

債務整理どうする?ギャンブル依存症フリーター借金相談窓口

【自己破産】借金地獄から抜け出すにもお金が掛かります

読了までの目安時間:約 5分
自己破産 借金地獄 抜け出す

必死に借金の返済努力をしてみたものの、

このままでは生活が成り立たない...。
 
 


スポンサードリンク

 
自己破産は、

そうなる前に動かなければなりません。
 
 
自己破産をするためには、

弁護士の力が必要になりますから、

莫大な弁護費用が必要になります。
 
 
都内で法テラスを使っても20万以上、

一般の弁護士なら40万以上はかかります。
 
 
友達や親戚から借りられるなら良いですが、
自己破産しようとしている人に、

新たに貸し付ける業者なんて皆無です。
 
 
分割支払い可能と、

宣伝している弁護士事務所もあります。
 
 
ところが、

支払いが終わるまで手続きを進めて貰えないという、

落とし穴があるので注意が必要です。
 
 
自己破産は限界まで頑張ってしまう前に、

余力の残っている内に決断して動くことが大切です。
 
 

膨らむ借金に、利息の返済しかできない日々...

 
 
私は3年前に自己破産しました。
 
借金 利息 返済
 
子供の教育費を頼れる親や親戚もなく、

昼夜掛け持ちの仕事で何とかやってきましたが、

子供の私立高校進学で借金地獄に陥りました。
 
 
奨学金を申し込むには必ず保証人が必要で、

頼れる親族すらいない私には、

奨学金すら申し込むことができず、

莫大な学費をカードローンで支払ったのが始まりです。
 
 
学費の納入の度に膨らむ借金に増えるカード...。
 
 
気づけば、

毎月の利息の返済しかできなくなっていました。
 
 
自己破産を決断して弁護士探しをネットで始めた時は、

大手の弁護士事務所の、

「弁護費用分割可能」という広告に、

妙に安心したのを覚えています。
 
 
しかし、

実際に問い合わせて詳しい内容を聞くと、

アッサリ期待を裏切られました。
 
 
分割は可能だが、

全額支払われるまで自己破産手続きはできない

と言われました。
 
 

大手は費用もかなり高額なのです

 
 
大手の弁護士事務所は費用もかなり高額で、

50万以上の金額を当然のように提示されました。
そのお金があるなら自己破産なんかしませんよね。
 
大手 費用 高額
 
他に無いか、

必死に調べました。
 
 
すると、

東京駅近くの弁護士事務所が、

少し休めの40万程で分割返済している間に、

裁判準備をしてくれるとのことでしたので、

お願いすることにしました。
 
 
私の場合は契約書を書く時に、

手付金として5万円支払いました。
 
 
以後5ヶ月間に渡り、

月に7万ずつ振り込むという約束で、

引き受けていただきました。
 
 
そして契約の次の日には、

全ての金融会社からの督促がなくなりました。
 
 
裁判所へ提出するための資料作成の準備には、

2ヶ月半ほどかかりました。
 
 
書類を裁判所に提出してから出廷日まで1ヶ月半、

最初に相談に行ってから、

4ヶ月半ほどで自己破産することができました。
 
 
今では、

それまでの月に7万円の弁護士費用の支払いが、

かなり過酷だったと記憶しています。
 
 

自己破産を決断するタイミングとは

 
 
自己破産をするつもりで、

借金する人はなかなかいないでしょう。
 
自己破産 決断 タイミング
 
そして自己破産を考える程、

借金が膨れ上がった状態で、

数十万の貯金がある人も少ないはずです。
 
 
借金地獄から抜け出すにもお金が掛かります
 
 
このままでは、

いずれ返済に行き詰まるのではないか?
 
 
そう思った時が、

自己破産を決断するタイミングなのかもしれません。
 
 
ちなみに自己破産後のデメリットも多々あり、

クレジットカードがないと、

契約できないサービス等も増えている為に、

年に2回ほど不便な思いをしています。
 
 
とは言え、

借金返済に負われ、

借金返済のために働きづめだった日々を思えば、

今は本当に有り難い毎日です。


スポンサードリンク

 

タグ :   

借金体験談 多重債務 自己破産

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク