AX

自己破産 究極 手段

債務整理どうする?ギャンブル依存症フリーター借金相談窓口

自己破産は生活立て直しの究極の手段です!

読了までの目安時間:約 4分
自己破産 究極 手段

自己破産とは、

借金の返済ができなくなった時に、

自ら裁判所に申し立てをして、

全ての財産を現金化して債務者に分配する代わり、

残った借金については返済を免状して貰うことです。
 
 


スポンサードリンク

 
借金がゼロになり、

返済の必要がなくなるという点で、

自己破産は究極の手段です。
 
 
これまでカードローンや住宅ローンなど、

多額の借金を抱えて苦しんできた人は、

生活立て直しの切り札になります。
 
 
まず、

申立人(債務者)が、

借金を返済できない状態にあると裁判所が認定すれば、

破産手続きが開始されます。
 
 
破産手続きが終了したのち、

裁判所により免責するかどうか判断される仕組みです。
 
 

自己破産の手続き中に受ける制限とは?

 
 
自己破産の手続きでは、

一定の金額以上の財産は、

現金に換えて債務者に配られるため、

不動産などの財産があれば手放さなくてはなりません。
 
自己破産 手続き 制
 
また、

手続き中は一定の制限を受けます。
 
 
しかし、

日常生活に支障をきたすことは殆どありません。
 
 
財産がない場合には「同時廃止」といって、

簡略化された手続き開始と同時に手続きが終了します。
 
 
破産という言葉から、

必要以上にマイナスのイメージを抱きがちですが、

借金で生活が成り立たなくなっている人は、

ためらわずに弁護士に相談すると良いと思います。
 
 

手続きは破産と免責でセットで行われます

 
 
手続きは、

破産と免責の2つがセットになっていて、

破産の申し立てをすれば、

同時に免責の申し立てもしたとみなされます。
 
手続き 破産 免責
 
ポイントは、

申立人(債務者)に財産があるかないかで、

破産開始後の手続きが異なることです。
 
 
財産がある場合は、

破産者の財産を管理する管財人が、

財産を調査してお金に換えます。
 
 
そして、

債権者集会を開いて、

債務者に分配するという流れになります。
 
 
管財人が選任されることから、

管財事件と呼ばれます。
 
 

財産がない場合は免責の手続きに入ります

 
 
財産がない場合には、

手続きが省略されて、

すぐに免責の手続きに入ります。
 
 
こちらは、

破産手続き開始と同時に、

破産手続きが終了するので同時廃止と言われます。
 
財産 免責 手続き
 
申し立てから免責まで同時廃止は3~4ヶ月、

管財事件の場合は半年程度です。
 
 
ですが、

事案によっては長くかかることもあります。
 
 
自己破産ができるのはどんな時かというと、

借金があっても返済できるのであれば、

自己破産はできません。
 
 
支払い不能」の状態にあると、

裁判所が認定して初めて破産手続きが開始されます。
 
 
支払い不能かどうか明確な基準があるわけではなく、

債務者の財産・職業・給料・技能・健康状態などから、

総合的に判断されます。
 
 
収入が少なければ借金額が少なくても、

支払い不能と判断される場合もあります。


スポンサードリンク

 

タグ :   

自己破産 自己破産 自己破産のデメリット 自己破産 自己破産のメリット 自己破産 自己破産の手続き

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク