AX

債務整理 借金 方法

債務整理どうする?ギャンブル依存症フリーター借金相談窓口

【債務整理】借金を整理する方法は色々あります

読了までの目安時間:約 6分
債務整理 借金 方法

債務整理とは借金の額を減らしたり、

無くしたりと借金の整理をする手続きの事です。
 
 


スポンサードリンク

 
債務整理の方法には、

自己破産・個人再生手続き・特定調停、

そして任意整理などがあります。
 
 
こちらの4つの方法には、

それぞれの特徴があります。
 
 

自己破産は返済不能になった人がする手続きです

 
 
自己破産をする時は、

地方裁判所へ申し立て整理を行います。
 
自己破産 返済不能 手続き
 
借金をし、

返済不能な状況になった人がする手続きです。
 
 
自己破産の申し立てと免責の申し立てをします。
 
 
自分の財産をほぼ投げ出すかわりに、

免責が認められれば借金を払わなくて済みます。
 
 
自己破産をすると、

連帯保証人がいる場合は、

連帯保証人に借金が移ってしまいます。
 
 
そのような場合には、

連帯保証人の同意の上で一緒に破産する事が多いです。
 
 
また自己破産すると、

資格が使えない職業や資格を失う職業があります。
 
 

個人再生の手続きは地方裁判所へ!

 
 
個人再生手続をする時は、

地方裁判所へ申し立てします。
 
個人再生 手続 地方裁判所
 
自己所有の財産の全部、

または一部を手放さずに済みます。
 
 
住宅ローン特則の住宅ローン特別条項を利用すれば、

住宅を維持しながら債務整理できます。
 
 
個人再生手続きには、

小規模個人再生と給与所得者等再生があります。
 
 
小規模個人再生は、

将来において継続的に収入が得られる見込みがあり、

同時に住宅ローン以外の借金が、

5000万円を超えない個人債務者が利用出来ます。
 
 
給与所得者等再生は、

小規模個人再生を利用できる債務者のうち、

給与などの定期的な収入が見込める者であって、

その額の変動の幅が小さいと見込まれるものが、

利用できます。
 
 
この様に、

誰でも手続き出来るわけではなく、

制限が設けられています。
 
 
手続き開始後は、

給与や口座を差押える強制執行ができなくなります。
 
 
財産は手放さずに済みますし、

返済が楽になります。
 
 
しかし、
連帯保証人に借金が移ってしまいます。
 
 

特定調停は簡易裁判所に申し立てをします

 
 
特定調停は、

簡易裁判所に申し立てします。
 
特定調停 簡易裁判所 申し立て
 
 
 
個人でも法人でも利用できます
 
 
申し立てする債務者のことを、

特定債務者と言います。
 
 
特定債務者が、

特定調停の手続きとは別の手続きをします。
 
 
そして、

これまでに支払ってきた金銭を、

利息制限法に引きなおして、

過払いの利息の支払いについては元本に充てられます。
 
 
現在の借金の残高を計算した上で、

以後の返済には、

利息をつけずに分割返済とするのが原則です。
 
 
特定調停は、

弁護士を立てずに済むので費用が安く済み、

また調停期間中は返済が停止できます。
 
 
また、

調停委員が金融業者の間に立って交渉してくれます。
 
 
しかし、

未払い利息と遅延損害金は払わなければなりません。
 
 
それでも、

住宅や家などを手放さずに済みます。
 
 
多重債務を抱えている場合は、

メリットデメリットを考慮し、

一部の債権者だけ整理する事が出来ます。
 
 

任意整理は債権者の合意を得て返済していく方法です

 
 
任意整理は、

債権者の全員の合意を取り付ける必要があります。
 
任意整理 債権者 合意
 
3年間、

36回の分割返済であれば、

殆どの業者が合意してくれる事が多いようです。
 
 
こちらは裁判所の力を借りずに、

返済可能な額の範囲で整理する事が出来ます。
 
 
弁護士に相談し、

弁護士が代理人として就任した事を通知します。
 
 
これを受任通知といいます。
 
 
受任通知が業者に届くと、

業者の取り立て行為が禁止されます。
 
 
過払いの手続きも同時に進める事ができ、

手続き完了後には利息が免除されます。
 
 
特定調停と違い、

未払い利息や遅延損害金、

そして将来利息を払わなくて良いのです。
 
 
特定調停と同じで、
一部の債権者だけ整理する事ができます。
 
 
しかし、

自己破産に比べ債務の減額が少ないと言えます。
 
 

債務整理の方法の全てに共通する点とは?

 
 
債務整理の方法の全てに共通する点は、

手続き完了以後5年から7年間は、

事故情報として信用情報機関に登録されます。
 
債務整理 方法 共通
 
いわゆるブラック扱いになります。
 
 
同じく借金を抱えていても、

その時の収入や財産、

環境などで手続きは変わってきます。
 
 
債務整理は、

それぞれの特徴を見定めてから行いましょう。


スポンサードリンク

 

タグ :     

任意整理 個人再生 債務整理 特定調停 自己破産

この記事に関連する記事一覧


スポンサードリンク